米粉カステラ誕生秘話

【第三話】職歴50年のカステラ職人

時は経ち、和菓子職人の道を志すようになった私は、東京自由ヶ丘の銘店「蜂の家」に就職しました。様々な経歴の職人さんがいらっしゃったのですが私が興味を持ったのは、計量から仕込み、焼成、カットまで全てを1人でこなしていた「カステラ職人」でした。   普通、軽量やカットなど簡単な作業はパートさんや新人に任せるのですが、「カステラ」に関しては他の人は一切感知せず、全てを1人で行ってました。   「なんてかっこいいんだろう」   自分の仕事に誇りと責任を持っていることは、その後ろ姿から十分に垣間見ることができました。私は自分の仕事が終わるとそれとなく彼のそばに行き、その仕事ぶりを見ているのが日課になってました。   ある日いつものように、職人のそばで見学していると、突然「カステラのはしっこ」をポンっと手渡されました。   「どうせ飯食ってないんだろ、ここが一番美味いんだ、食ってみろ」   黒縁メガネの奥の鋭い眼光でそう言うと、また黙々とカステラを切っています。   「ありがとうございます。」   お礼もそこそこに、いただいたカステラは史上最高に美味しいカステラでした。 それから私の朝食は「カステラのはしっこ」になりました。朝が早いので目覚めのインスタントコーヒーと一緒に食べるのです。   毎朝毎朝、「はしっこ」を食べていて、普通は飽きるのですがこう思うようになります。   「いつか自分もこんなカステラを作ってみんなに喜んでもらいたい… 」
© 株式会社 竹内菓子舗 All Rights Reserved.