米粉カステラ誕生秘話

【第一話】命をつないだ白いつぶ

米粉カステラのルーツは東京での学生時代にまでさかのぼります。   まだ若かった私は所持金のほとんどを旅行や遊びなどに使ってしまい、月末になると数百円で1週間とか10日間を過ごしてました。今では考えられませんがコーヒーとタバコで何日か生活していたこともあります。   フラフラになりながら、何か食べなくては…って思っている時に、命をつないでくれたのが実家から送られてくる「ふくいのお米」でした。1人暮らし用の3合炊きのジャーに4合のお米を入れて炊き上げ、塩や醤油、ふりかけで空腹を満たしました。   正直、お米だけあればなんとかなります。田舎上がりの無鉄砲な若者は、親元を離れてはじめて親のありがたみを思い知ります。   当時の何よりのご馳走は生卵をかけた「卵かけご飯」でした…
© 株式会社 竹内菓子舗 All Rights Reserved.